HOME>アーカイブ>結婚するまでは生活振りや生活感に惚れ込んでいても同居してみるとはっきり見えてくる相手の顔と考え方

一緒になってもすぐに別れる夫婦の多い時代

家族

近年、少子化傾向により若者が減少していますが、年頃になっても結婚する気持ちにならない、あるいは、相手がいても経済的事情で結婚する準備すらできない男女が増えています。また、ライフスタイルに対する考え方が多様化し、同居しても婚姻届を役所へ提出しないカップルも一定数いるようですから婚姻数は年々、減少傾向を示しています。婚姻届けの減少傾向が影響しても離婚件数が最も多い年には29万組に達したこともありますが、近年、年間22万組程度まで減ってきました。かつて、多くの国民が好景気を謳歌した高度経済成長時代には新婚夫婦の中に新婚旅行から帰国してすぐに離婚する夫婦が目立ったので話題になりました。夫婦の中には新婚旅行の帰りに既に相手に愛想をつかしてしまい、スピード離婚してしまう夫婦がいて、当時、成田離婚という新語ができたくらいでした。

別れる理由がいくらでもある結婚生活

離婚届

また一方で、近年は専業主婦の妻が別れたくても夫の定年まで我慢して、その間に別れた後の生活設計の準備をしておくようです。夫の定年時期が訪れると妻が離婚を申し出て、もらうべきものを財産分与してもらってさっさと別れていくケースが増えています。その他に、昔から件数の多い離婚理由として結婚後の不倫発覚が挙げられています。男女ともに、何歳になっても異性に惹かれる気持ちを持つことは本能といえますが、結婚後も連れ合い以外に何人もの異性と深く付き合い続けてしまう人が後を絶たないようです。

別れるなら別れた後の生活設計が大切

離婚届

この付き合い方が家庭を崩壊させてしまうほどのリスクを秘めているということでしょう。何らかのきっかけで不倫が発覚するまで一切、心の準備もできていません。このため、感情的に離婚を申し出てしまうケースが多いですから別れた後の生活設計も全くできておらず、慌てふためくことになってしまいます。結婚式では親族や友人など、多数の参列者の前で相手に永遠の愛を誓ったはずでもその通り行動できない人の多い実態が脈々と続いているといえるわけです。

広告募集中